2017年11月18日土曜日

朝から雨でしたね。ツアーライドのイベント予定でしたが、急遽明日にスライドさせていただきました。明日は、マキノに参戦予定でしたが、連戦に次ぐ調整の為にお休み。ですので、本日はお休み気分でのんびりと。
そんな中で、Nさんから譲り受けた薪割り斧がヒビが入りましたので、肢の部分を交換しました。

中々丁度良いサイズでは無く、加工が必要でしたからカナリ苦戦。グラインダーで削って、叩いては削りーの。

これで2人で割ることが出来ました笑笑

2017年11月17日金曜日

トレイル

27.5プラスタイヤのスケールプラスでトレイルライド。
落ち葉でふかふか、時々トラップ…。限界スピードをセーブしながらも、タイヤは綺麗になるし落ち葉をふわっと飛ばしながら何とも言えない気持ち良さです。
マイペースでゆっくりとリフレッシュでーす。
そして、パーマヘアでスッキリ。美容院へも行って来ました。

2017年11月16日木曜日

Newアイテム

冬物ジャージがウエイブワン様より到着致しました!サポートありがとうございます!しかも今年はCXワンピースを作り気合が入ります!詳しくはチームブログを見ていただくとして、寒くなってきたのでホントギリギリ間に合ったーって感じです。
そして、使いまくって草臥(くたび)れてラップアウトしそうだったバーテープを交換しました。アデプト/デュレジストバーテープの2mmと3mmとあって薄い方を選択。マウンテンバイクに慣れている人なら、このゴム感がたまらなくマッチします。洗車も落ちやすくて、お気に入り。カラーも6種類展開しています。
そして、もはや趣味の領域を超えそうな勢いで薪割り。バランス力の体幹と集中力筋トレまで全てをこなせています。3年越しで斧さばきも手際良く出来るようになって、自画自賛です(笑

2017年11月14日火曜日

飯山シクロクロスレースレポート

期日:2017年11月12日 会場:長野県飯山市長峰スポーツ公園
天候:曇りのち晴れ 気温 10度 コース状況:ウエット、芝生
機材
メインコンポーネント:SHIMANO/Di2  
ハンドル、ステム、サドル、シートポスト:Syncros
タイヤ:(F)IRC Serac  CX  TUBELESS  700x 32C(2.0BAR)(R)IRC Serac  CX TUBELESS 700x32C(2,0bar)
サングラス:OAKLEY /JAWBREAKER


©春日部写真店


幕張クロスから程よくリフレッシュされた飯山大会。と言ってもその間はマウンテンバイクを乗りまくって体力レベルは上がってきている。自分のレース前には娘のピットを入りしばしのランニングをしながらのコース状況を把握。その後も時間に追われてしまい昼の試走が半周程度で終了してしまうし、まともなアップも出来ず慌ただしくスタートに配置。この点は次回に向けてしっかりと修正しなければならない点だった。

スタート後は、10位ほど上位陣がいないのと周囲の混戦となるライダーが連戦のために軒並み未出走となったためにスムーズに進行。2列目スタートから第一次泥沼までで、落車が発生。運良く掻い潜ってジャンプアップ。先頭の前田と沢田の2名抜けた先を見つめながらも行く手の選手を抜かすことが出来ずに離れてゆく姿を眺めるしかなかった。コース最高地点に達する半周も過ぎると3位と久々の快進撃!まさかとは思うけど、今の自分にとって得意コースでもありこんなチャンスを逃す訳にはいかない。

©春日部写真店

泥のためにランニングポイントは多くなるが、担ぎ(と言っても担がないけど)と乗車のポイントをなるべくつなぎ合わせることに意識して、客観的に考えて冷静的にレースを進める。地元である竹内に追いつかれ彼への応援がその差をはっきりと伝えてくれる。少しづつ差を開かれ抜かれ、小坂選手、兼子選手に追いつかれと順位を定位置へとダウンさせられる。それでも、さほどペースは下がらずにキープ。それどころか、ポイント的に速い箇所もあるのでまだまだ気が抜けない。


©春日部写真店


兼子選手とはここでほぼ勝負は決まり、小坂選手と一騎打ちとなった。グラウンドでは反対側で見えるも土手の折り返しではその差を縮める。

そしてSNELLピットクルーにも大いに助けられ、前半は3台フル走行の半周でバイク交換という吉報。ピットも戦場と化してバイクが間に合わないかに思われるが、セカンドバイクからサードバイクに切り替え、シラクサンドの泥がまとわりつかない特権が開いた差を乗車して詰め寄る。2タイプの違ったタイヤパターンやDTホイールの3タイプを使い分けて走る。軽さと高次元な走りのアディクトCXで加速。対象的なスペアバイクはアルミモデルのスピードスターだが、入門モデルをハイスペック使用のためにコンポーネントとホイールを入れ替えた為に軽快に周回を進める。

©春日部写真店


マウンテンバイクレースとは違った乗り降りのスムーズな切り替えとまとわり付く泥を如何に付けないか?その経験値では小坂選手は交換をしないが、追いつけない。最終的にも20秒のブランクは変わらずにレースが終了。まだまだ奥深いシクロクロス。基本的な乗り降りをもっと練習して、野辺山に挑みたい。

沢山の応援、サポート、ありがとうございました。


チームスコット 松本駿









沢山の応援、サポート、ありがとうございました。


チームスコット 松本駿

Facebookファンページ:TEAM SCOTT JAPAN 

2017年11月12日日曜日

飯山シクロクロス速報

©︎kaskabevisonfilms

JCX戦飯山シクロクロスが終了しました。CL1ピットサポートからの試走半周でスタンバイ。アップはマトモに出来ずに不安いっぱいの2列目スタート。

うまい具合ですり抜けて、イキナリ3位を2周だけ走りました。

少し後退したりしながらも、乗るポイントを的確な判断と新しいホイールが常に最良なピットサポートのお陰でキープ。

結果的に5位でゴールしました。

2017年11月10日金曜日

DTホイール

マルイさんより、DTホイールをお借りしました。まずはタイヤをセットして、3セット分を用意。軽量アルミリムとカーボンワイドリムとエアロの高さが違うのとインプレテストします。

また本日は都内日帰りで、オークリーのファミリーセールに行って来ました。もちろん、一般入場で長蛇の列にビビりながらも、久しぶりに物欲を全開モードでショッピングでした。
帰りも高速を少し外れて国道ドライブ。

明日はツアーライドです!

2017年11月9日木曜日

トレイルライド









昨日は凄く寒い感じですが、何だか大草原と流れる雲が速くて楽しめたトレイルライドでした。月曜日から実に3日間のアクティブ合宿。オフならではのことかもしれませんね。仲間にも感謝です。

その他の動画もアップしてますので、MASHUNTVでどうぞ。

http://mashunmtblife.blogspot.jp

スターライトクロスレースレポート

期日:2017年11月3日 会場:千葉県海浜幕張公園
天候:晴れ 気温 18度 コース状況:ウエット、芝生
機材
メインコンポーネント:SHIMANO/Di2  
ハンドル、ステム、サドル、シートポスト:Syncros
タイヤ:(F)IRC Serac  CX  TUBELESS  700x 32C(1.6BAR)(R)IRC Serac  CX TUBELESS 700x32C(1.6bar)
サングラス:OAKLEY /JAWBREAKER

オフから明けての自転車に乗ることから敬遠していた時期で、全く乗れていない事は明らかだった。練習らしい身のこなしは、2日前に行った突貫練習のみであったが、その成果は試走の段階から感じた。泥セクションも多いことと水たまりの深さとカーブとの組み合わせ。ポイント的な流れをつかみながら試走の周回を重ね終了した。

その一方では、IRCブースで寛いでいたり、レース会場メインエリアにいると様々な方に遭遇したことも嬉しかった。都心に近いこととサイクルモードが開催されていることで久しぶりにお会いする方も人も多かった。講師で教えたことのある子、ツアーのみでお会いする方が応援に駆けつけてくださったり、シクロクロスの会場でしか会わない方もいたりすることもまた楽しみでもある。空いた時間は、結構あったにもかかわらずサイクルモードの会場へは行けず、バイクの準備に追われた。洗車からタイヤ交換。駐車場までの行き交いが意外に時間のとられることで、気がつけば夕暮れ。ローラーでブンブン回していよいよスタート。

UCIレース規定により、ライトの取り付けは出来なくて数カ所見えなくなることも失速するポイントになる。とにかく不安要素よりもレースへと集中してスタートした。流れに乗って走りだして問題なく進む。レース勘がシクロクロスとマウンテンバイクでは自転車の操作感覚が異なって鈍っている。一瞬暗闇で見えなくなる林。アップダウンから下り始めの重要な部分が見えずにブレーキを握る時間が多くなり失速してゆく。そうこうするうちに既に2周が過ぎてしまい、修正を図ることに集中した。

ペース配分も考えながらも様々なレーンの探りや予測していた読みが当たる。水たまりの抜けの処理や乗り換えを気にしてリズムを変えてみたり、ギア比のポイントも変えてみると一気にペースアップすることが出来て何とかペースアップ。それでも、勢いで上り詰めたいの時に止まっていて足止めもこの順位ならではだが、基本的ペースはつ噛めずだった。

レース後半からは、ピットでのバイク交換とバイク乗車のポイントを気にしながら周回を刻み、80%ルールのカウントダウンをしながらマイナス2ラップで終了。

沢山の応援、サポート、ありがとうございました。


チームスコット 松本駿

Facebookファンページ:TEAM SCOTT JAPAN 

2017年11月8日水曜日

DAY3ライド

引き続きのライドデイズは、トレイルへ。雨で一瞬中止か??って思いましたけど、無事にライドしてきました。本日は星矢と健正の3名です。と、とと。平野さんは薪割りをし始めて筋トレから始まってました。
仕上げはトレーニングルートで気になっていたナンカレーのロイヤルナンハウスで。
あっという間の3日間でビルドアップしました(笑


2017年11月7日火曜日

DAY2ライド

本日は山梨へと遠征へ。関東圏でよく噂の登山サイクリングへと行ってきました。
メンバーはメリダチームの恩田選手と山田選手、昨日に引き続きアンカー平野選手です。

ペースはスーパーハイペースで、9時40分にスタートして、14時30分の全行程を5時間弱で終了。スタートこそ寒かったのですが、途中からは汗だく。下りも寒いだろうと着込んでいたのに汗だくに・・・。
最終日の明日も、トレイルです!



DAY1ハイキング





既に昨日の出来事となってしまいましたが、ハイキングへと行って来ました。程よい登山で広大な景色。
ハイライトにてお伝え致しました。

そして、本日はトレイルライドへと行って来ました。
後ほど更新です。

2017年11月6日月曜日

秋冬ツアーライドはじまりました!

ビックライドで第一弾として、秋晴れの中での開催となりました!
取り削ぎですが、写真での簡単な様子をご覧ください!



参加者の皆様大変お疲れ様でした!
まだまだ続きますよ!
詳細はこちらです

2017年11月4日土曜日

スターライトクロス速報

©FABtoni+camera

昨日はスターライトクロス幕張で、サイクルモードも開催されております海浜幕張へと行ってきました。
暗闇のスターライトクロスは、見えない部分も多くUCIレースでライトを使うことが許されずレース後はとても目にダメージがありました。凹みや暗闇の戸惑いもありましたが、24位と平凡に終えてしまいました。

次回は来週の飯山で、マキノはスキップして野辺山となります。
会場では沢山の方々に応援いただきましてありがとうございました。

レースレポートはしばらくお待ちください。

2017年11月1日水曜日

アクティブに夜まで

ドライブからの
薪集め。GRMメンバーのSさんからのおすそわけで、気をいただきに行って来ました。
ひとまず、第1便だけですが車までの距離を3回投げのフェンス越えを1投。体感トレーニングバッチリです…。
そして、その時に見たホウズキ。
夜はGRMメンバーと練習会でした。ボトルとライトを使ってパイロン。基本練習も夜ならではですね。

2017年10月31日火曜日

秋晴れのロケハンへ

週末開催のツアーライド下見の為に、エリアを伸ばして行って来ました。
道が永遠に続いて、木々がないトレイル!海外チックなこの場所の空気を知って共有していただきたいと思い、ここをチョイス。でも、例年なら結構ショートループだからせっかくならと奥地へ。
広〜いここを休憩ポイントとして
まだまだ進む。もちろんこの時期ハイカーさんが少なくなるとは言えど、しっかり立ち止まって会話も重要。時にはこの先の最新情報が聞けますからね。
そして、狙い通りの展開でツアーライドでのシュミレーションもイメージして、アップデートして来ました。

でも時には冬のカウントダウンも感じさせる氷!
霜柱もありました。
ご機嫌エリアも健在で、今日は大満足して来ました。