2017年2月13日月曜日

東京シクロクロスレースレポート

全日本CXレースレポート

期日:2016年12月11日 会場:栃木県宇都宮市ロマンチック村
天候:晴れ 気温 5度 コース状況:セミウエット、芝生
機材
メインコンポーネント:SHIMANO/Di2  
ハンドル、ステム、サドル、シートポスト:Syncros
ホイール:DTスイス/RC38SPLINEcdb
サングラス:OAKLEY /JAWBREAKER
チェーンオイル: Finish line/Ceramic Wax Lube&Wet Lube
サプリメント:Grico/Powerproduction
Powerber/PowerBar Energize ベリー PowerGel Shots オレンジ エナシャイズワッフル(ベリーヨーグルト)プロテインプラス・チョコレート( レース前後)
ウォームアップ:Feedbacksports portableTrainer
ピットサポート:BIKESHOP SNEL
結果:18位

全日本からすっかり空白が開き、今年一発目となってしまった今大会。事前準備も大幅に時間を取られてしまい、NOトレーニング。言い訳はさておき、この大会は大観衆の中で走れる数少ないレース。スケジュールの合間をなんとか調整できて出場するも優勝までは程遠い位置であることはわかっている。おまけにスタート位置も徐々にランクダウンされたために27位コールとほぼ最後尾。それでも、出走までの準備に手助けしてくれるスタッフに感謝しつつ、ベストを尽くすことを心に決めてスタートまでの準備を進めた。
まずは、現地到着と共に受付をすませると決戦バイクのタイヤ交換に。チューブレスという利点でギリギリまでタイヤを悩む。耐パンク性のXガードをフロントのみに着用して慣性を生かす。リアはノーマルでペダリングの軽さを重視した。
そして、試走時間は30分と少なく、前日にも試走できる機会があったらしいが何名かの選手の話だとまるで試走にならなかったようだ。少ない時間の中で走る練習では無く、ラインを確認する意味合いでの試走に専念し、砂の乗れるラインを確認。その他は木の根が浮き出る林間部をどうするかを確認。さらには気温も通常の練習場所と比較しても10度弱高いので、汗も出やすい。ウエアー類の確認も確実に決めることだでき車に戻って一度着替えてリセット。スタート時間までをじっくりと動かし始めるためにフィードバックのコンパクトローラーでじっくりと動かし始めた。

実はコンディションを確認する上でもわかりやすい。上げようとする気持ちと負荷をかけようとする筋力との調和。うまくかみ合わずに今日はじっくりと走るしかない。砂浜でランニングになるであろう2周までをどう戦略するか。そんな考えているとあっという間にスタートとなった。

スタートの観衆は、世界戦やワールドクラスの大会並みに多く詰め寄り、勝手に気持ちも上がってくる。ただし、スタートして直ぐの直角カーブなんて??前列の選手のためのレースじゃないか?何て無駄に余計なことを考えていた。今の位置から行ける奴はいける!そう切り変わりながら、レースは始まった。
                            ©spy-m
                             ©T Ayabe
案の定落車と最後尾へ。ランニングにより縦一列で、走るしかない。乗車区間を乗り、少しづつジャンプアップして26位。まだまだレースは中盤。乗れる区間が増え始め、乗車にチャレンジしつつ、無理なら降りる。スピードだけを気にしながら、リズムが整い始めた。ラスト2周でトップに交わされ、一度タイミングを合わせて走ろうとするがそのままスルー。その後からはタイミング合わせてスピードに乗ることができ、加速。22位から一人づつ抜き、18位でゴールした。

周回遅れながらも観衆はすごくハイタッチでゴール。ストップラインでもまだまだ続き、レースを走る喜びを感じさせる応援が嬉しかった。

沢山の応援、サポート、ありがとうございました。


チームスコット 松本駿

大会関連サイト:http://www.cyclocrosstokyo.com
Facebookファンページ:TEAM SCOTT JAPAN 

2017年2月12日日曜日

東京シクロクロス

日帰り強行軍にて、お台場の東京シクロクロスに参戦してきました。

慌ただしくならないように時間調整しながらのレーススケジュール。

タイトな試走時間だけは外さないように試走。
桜?こんな時期に咲くんですね。会場付近は、暖かさを感じます。
©️Isao Shimizu
レースは全日本までしか出ておらず、27番コールでスタート。配置も苦手な位置で誰がこんなところで転ぶ?と言うか運が悪く落車で更に最後尾へ…。
©️Isao Shimizu
今年1発目と言う事もあり、もどかしい展開でパス出来ずに進む事が多く課題てんこ盛りとなりました。
©️Isao Shimizu

キツイランニングレースとなり、乗ってイケるのに前が詰まっていて乗れずとか、満ち潮でだんだん水辺を走るラインになりマイナスワンラップにて終了の18位でした。

前半の運が悪い展開ミスと連日忙しく動いて上手く練習が出来なかったバタバタのスケジュールの中で18位は上出来だったと思います。

会場では沢山の応援があり、ハイタッチも気持ち良くゴール出来ました。心残りは、せめて同一周回ですね。

会場で沢山の方々に応援とご声援、そしてお声掛けありがとうございました!



2017年2月10日金曜日

週末はお台場です。

近所は雪でスノーライドも行きたいのですが、週末の東京シクロクロスに向けての調整を!との事で移動して練習。
隣の山梨まで行きましたが、山に少し入ると雪。何とスノーライドですか!

脱線しましたが、戻り乾いている舗装路で最後の追い込みへ。
先週は15度もあった気温も本日は7度。いやー寒くて早々に撤収して来ました。
明日はスケート観戦からの遠征準備。
天気が心配ですが、それはそれで楽しみですね。

2017年2月8日水曜日

ぐったり

本日は練習するぞ!って、張り切ってましたが更年期症?みたいにヤル気は薄れて、連日の気を張った状態と睡眠不足によりグダグダの日でした。
おまけに予想以上に財布もスリム化されて、紙幣からレシートの山に…。

頼まれた物も、結局岡谷まで買い出しとなり1日はもう夕暮れ。

さて、明日からは乗ってヤルゾ宣言だけでに終わらないようにします。

2017年2月7日火曜日

全国中学生スピードスケート大会

本日は最終日。市内泊まりながらも、夜明け前から場所取りと送迎して、新聞探しの旅で見つからず…。朝のラッシュまでドライブしていました。
それでも、今日の種目は3000で目標ラップを刻めずに5位。メダルは逃しましたがバッチテストの記録は更新して、ダブルAをゲット。中2ながら取れたのはクラブの先輩とコーチのおかげっすね。
締めのライドも定番化した河川敷ですが、さらっと乗ってリフレッシュです。長かった4日間の日程を終えて、スケート大会のピークをクリアしました。あと2回、と言っても今週土曜とその後に東京シクロクロスをして、またMウェーブで最後の大会です。

あー睡眠不足ですが、長野の夜も満喫していました!
無村
信州味噌ラーメン!

駅横のあぶりやとバニクマン!と行きましたが、オススメです。

2017年2月5日日曜日

全中スケート大会

サポートに徹しながらも、自分のトレーニングを組み込んで慌ただしい日を過ごして、予選の2日目を終了しました。
長野市までの道のりを行きの便に着替えを積み込み、試合観戦が午後イチまでのタイムリミットで自走。普段の慣れた気温よりも5度から7度の低めで体は動きが鈍いし、ペースは上げなきゃいけないし…。わやw

初日はハラハラしながらも、順調に予選通過。
長野市で一泊して、午前の空いた時間でライドして、リンクで観戦。

ほんと本人次第ですけど、展開の仕方や仕掛け方。自転車ではトラックの駆け引きと展開が同じなんで面白いですよ。

結果は6位と7位で、ミスした事を踏まえるとトップとはイーブン。実力差はほぼ変わらないから、残り二日間も気が抜けません。ハイレベルで学年ひとつ違う選手に勝てるか?こちらもワクワクしています。

2017年1月25日水曜日

都内訪問

月曜日と火曜日の2日間は都内へと行って来ました。月曜日は長年オークリーに携わっていた方の卒業式へ。集合場所も恵比寿と言う事で、通いつめた恵比寿駅の音楽が寂しくも思えました。他業種のアスリートも参加され、特に陸上選手と交流してお話していました。僕もオークリーで中年生として関わらせて頂いておりますが、社員の方々と新たな人と携わることがあり、共感する話題が多く、開店から閉店まであっという間の楽しい時間でした。

露木さん、19年間を踏まえてのスタートに頑張って下さい!

そして、翌日はスコットジャパン様へ。
さりげなくミーティングルームにあるバイクも、花が咲きます。
コレはやはり、飾らないとですよね。

そして、シーズンに向けた確認と要望、近況などをお伝えして来ました。

電車を乗り継ぎ、おしゃれの街原宿へ。今回もっともメインとなるウエイブワン様に訪問しておりました。
2016年のお礼報告すらまだでしたので、そこから2017シーズンに向けたプランや新しいご提案など、様々な良いお話をさせて頂き楽しみなシーズンに走り出しております!様々な事を発表して行きますので、お楽しみに。